« ダ・ヴィンチ・コード | トップページ | デスノート 前編 »

2006年7月 9日 (日)

ポセイドン

監督/ウォルフガング・ペーターゼン 出演/カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、リチャード・ドレイファス、エミー・ロッサム、ジャシンダ・バレットほか

★☆☆☆☆ 1点

「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイク版。新年を祝う豪華客船ポセイドン号が巨大な波に押し寄せられて転覆。船はまっさかさまに。船員に止められるが、カートラッセルら9人の乗客は出口を求めてスクリューへ向かう。

船から脱出することになる乗客9人の人間関係や背景の前フリはあったものの、いざ出口を目指し始めると、彼らの関わり合いや心境がイマイチ描かれておらず、そのへんは、観客の想像にずいぶんとゆだねられた感じだ。感情移入するスキを許さない、とにかく逃げることだけに必死の海洋パニックアクションだった。

巨大な豪華客船が180度まっさかさまであるスゴサも伝わらず、もったいないなあ。

|

« ダ・ヴィンチ・コード | トップページ | デスノート 前編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101336/2561094

この記事へのトラックバック一覧です: ポセイドン:

« ダ・ヴィンチ・コード | トップページ | デスノート 前編 »