« ブロークン・フラワーズ | トップページ | プロデューサー »

2006年5月16日 (火)

LIMIT OF LOVE 海猿

監督/羽住英一郎 脚本/福田靖 主演/伊藤英明、加藤あい

★★★☆☆ 3点

座礁した大型フェリー。大爆発、沈没までの限られた時間で、人命救助にかける、海猿(海上保安庁の潜水士)たちの熱い思いを描いた物語。ドラマを見ていたおかげか、まあまあ、それなりに面白かった。タイムリミットがあるものは、映画でも仕事でもドキドキするもんだ。

ドラマを見てなかった人にはどうだろう。仲間たちの友情とか主人公仙崎の人命救助にかける思いとか、あれだけで伝わったのかなあ。恋愛部分はほどほどでいいけど。

だったら、いっそのこと、海洋エンターテイメントっていうくらいなんだから、海上保安庁の全面協力ってスゲエなあって思えるくらいのシーンが欲しかったなあ。船が沈んだ場所が、近すぎてちょっとガッカリした。もっと、遠くじゃなきゃ。手の施しようのなさがもっと伝わってきて欲しい。沈んでいく船と何もできず、それを見守る海上保安庁の船とヘリコプターが派手にいなきゃダメだと思うんだけど。

通路側の席の人がなかなか立ち上がらなかったので、いつもは見ないエンドロールを見る羽目になってしまったのだか、なんとメイキング映像が流れていた。おいおい、これはさすがに、しらけるっツーの。

|

« ブロークン・フラワーズ | トップページ | プロデューサー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101336/1820065

この記事へのトラックバック一覧です: LIMIT OF LOVE 海猿:

« ブロークン・フラワーズ | トップページ | プロデューサー »